会報

設楽ダムの建設中止を求める会

・会報アーカイブス

・規約

活動方針

2009年1月26日の設楽町長のダム建設受け入れ表明を受けて、2月5日に中部地整・愛知県・設楽町の3者が調印式をおこなった。しかしながら、これは、事業者側の都合に合わせ、大多数の設楽町住民の意向を無視して強行された道理のない“儀式”である。

1978年から始まった豊川総合用水事業は、実際よりはるかに高い需要予測を立てて、2002年3月末に完成しており、2003年以降の豊川水系の水需要は大幅な供給余力を実現している。

また、設楽ダムは、寒狭川の最上流の62km2の流域をカバーするのみで、豊川下流の洪水対策としてほとんど意味は持たない。さらに、設楽ダムの有効貯留容量9200万m3のうちの65%、6000万m3が“流水の正常な機能の維持”を目的とする不特定容量で、豊川用水への取水によって減った宇連川の流量を増やすために寒狭川下流の水を奪うのである。
宇連川に僅かな流れをとりもどすため、寒狭川の河川環境を破壊しようとする計画を“自然にやさしいダム造り”だと言いくるめる本末転倒したダム計画で、こんな計画を公共事業としてはとうてい認めることはできない。
愛知県に対する公金支出差止訴訟は、これから立証段階に入るので、私たち中止を求める会は、168名の原告・弁護団・9人の専門家証人と連携して、裁判の勝利のために全力をあげてとりくむ。このばかげたダム計画は止めるべきだという声を広げ、世論をつくりあげるために、以下のような取り組みを計画し、実行する。

(1)シンポジウム等

(2) 本音トーク(地域おこしについての検討・政策化)

(3) 証人意見書集の作成・普及

(4) パネル、CDR、DVDなどの広報宣伝の手段を作成し、活用する

(5) トラスト運動

(6) ダム事業中止を求める署名運動

(7) 豊川流域自然グループと協力して、豊川流域の宝を調べ記録保存する

(8) さまざまなイベントに若者の協力を得て参加し広報する

(9) 他団体への働きかけ・共同

≪個人情報≫

【個人情報の扱いについて】

皆様からご記入いただいた「お名前、住所、電話番号、電子メールアドレス」は、当会への入会登録・連絡以外には一切使用いたしません。
メールアドレスについては、お客様との連絡(やむを得ない場合にのみ電話連絡をいたします)に使用いたしますが、むろん外部への販売・譲渡等は一切行わないと同時に、機密の漏洩には最大限の注意を払います。
当会が皆様からいただいた個人情報により、当会以外の他社から、DMが届く、スパムメールが届く、テレアポをされるなどということは一切ございません。

【個人情報の第三者への開示】

当該個人情報は提供を同意された場合及び法律上提供しなければならない場合以外は、第三者に提供することは一切いたしません。

【個人情報の安全保護について】

当会は、当会の保有する個人情報は厳格に管理し、個人情報への不正アクセスや個人情報の盗難、紛失、破壊、改ざん、漏洩についての予防の措置を講じています。個人情報を安全かつ正確に管理し、個人情報への不正アクセス、盗難、紛失、破壊、改ざん、漏洩等の問題に対して、ID・パスワードの管理、個人情報の保存・管理・廃棄ルールの徹底、そして外来者の入退室管理などを実践することで、その予防に努めます。

【個人情報の削除依頼】

個人情報の照会、修正、削除などを希望される場合には、問い合せ先までご連絡いただければ、すみやかに対応させていただきます。

【個人情報保護対策責任者】

設楽ダムの建設中止を求める会 代表 市野和夫


設楽ダムの建設中止を求める会
設楽ダムの建設中止を求める会
会報アーカイブス(2007年2月発行の第1号〜2017年9月第46号まで)

no1 no2 no3 no4 no5 no6 no7 no8 no9 no10

no11 no12 no13 no14 no15 no16 no17 no18 No19 no20

no21 no22 no23 no24 no25 no26 no27 no28 no29 no30

no31 no32 no33 no34 no35 no36 no37    no38    no39    no40pdf

no41pdf no42pdf   no43pdf   no44pdf    no45pdf   no46pdf