愛知県監査委員が監査結果を公表しました

3月14日付で住民552人が愛知県に対して、設楽ダムに設定した水道用水の取水権を取り下げるよう監査請求を行いました。その請求に対して、愛知県監査委員は、「住民監査請求(設楽ダムの水道用水の費用負担金について)の却下について」を愛知県のホームページで4月24日公表しました。

その写しを掲載します。

kansaseikyu2kekka01_20180424

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です